実際に組んだ旅程をご紹介!1歳児と行くタスマニア島旅行

みなさまこんにちは。

メルボルン在住のましゅです。

前回、1歳児と行く!子連れタスマニア島旅行 準備編 をお送りしました。

今回は我が家の実際の旅程をご紹介します。

タスマニア島旅行を検討されている方!

ぜひ参考にされて見てくださいね。

旅程は立てるべき? 答えはYES

子連れ旅行って色々と考慮することがあるんですよね。

「オムツどうやって替えよう」

「食事はどうしよう」

「ベビーカーにする?抱っこひもにする?」

思いがけないハプニングも起こるものです。

我が家も実際に色々とありました。。。

大人だけだったら、気ままに、思い付くままに行動するのもアリだと思いますが、子連れだとなかなかそうも行かない。

ですので、旅程はある程度念入りに立てておき、現地での様子を見て臨機応変に対応していくのがベストかなと思います。

我が家の実際の旅程をご紹介!

お待たせいたしました(?)

こちらが、我が家のタスマニア島旅行全日程です。

1日目
スピリットオブタスマニア乗船
船内泊

2日目
デボンポート着
Longfordで休憩(ガソリン補給、朝ごはん、トイレ休憩)
Skippersでランチ
ベイオブファイヤー(Lone Tree、The gardensなど訪問)
Lease 65でOysterを食べる
Pyengana dairy
ホテル着

3日目
Banjo’s Bakery Caféで朝食
Launceston BPでガソリン補給
Cataract Gorge Reserve
Woolworthsで食糧調達
Christmas Hills Raspberry Farmでランチ
Trowunna Wildlife
Airbnb着

4日目
Airbnbで朝食後、クレイドルマウンテンへ出発
Tavern Bar & Bistroでランチ
Cradle Mountain Vistor Centre
ハイキング(悪天候で出来ず)
ホテル着

5日目
クレイドルマウンテンホテル (プレイエリアで遊ぶ)
Sheffield Visitor Information Centre
Tasmanian Food and Wine Conservatoryでランチ
The Big Penguin
Devonport着
スピリットオブタスマニア乗船

Google Mapで移動時間がどれくらい掛かるか確認し、時間まで詳細に組みました。

4日目以外はほぼ旅程通りに達成。

4日目は、極寒でハイキングが出来なかったためホテルでゆっくりしました。

タスマニア島旅行の旅程の組み方

訪れる場所によって、まったく異なる色をもつタスマニア島。

滞在日数や目的によって様々な旅程を組むことが可能です。

ホバート、ワイングラスベイ、ポートアーサー、ロンセストン、ベイオブファイヤー、クレイドルマウンテン、ブルーニー島など…本当に見どころ満載です!

我が家の場合、丸々観光できるのは実質4日間でした。

ホバートは昔旅行したことがあったので、今回は北側を回ることに決めました。

フェリー が着くのはデボンポートというタスマニア島北部の街なので、今回の旅程にはピッタリでした。

日数を考慮しつつ、外せなかったのは以下三ヵ所です。

  • ロンセストン
  • ベイオブファイヤー
  • クレイドルマウンテン

これらをメインに旅程を組み、あとはサブ的な感じで行きたいレストラン、カフェ、観光名所などをリストアップして組み合わせていきました。

ガソリンスタンドや買い物できる場所も事前に確認しておく

長距離のドライブを予定している場合、ガソリン補給が出来る場所をあらかじめ調べておくと安心です。

結構な山道を長時間走るため、2時間ほど民家すら見当たらない場所がありました。。。

ですので、ガソリン補給やトイレ休憩は出来るときに済ませておきましょう。

また、スーパーマーケットがなかなか見つからないので、お水やちょっとした食べ物、子供に必要なものなどは事前に確認しておき、大きめの街でお買い物を済ませておくことをお勧めします。

まとめ

タスマニア島旅行は、まさに「備えあれば憂いなし」です!

メルボルンやシドニーだったら「何とかなるだろう」というのが、タスマニア島では難しい場合が多いです。

事前にしっかり計画を立てて、スムーズな旅行にしましょう!

タイトルとURLをコピーしました